ホーム > トピックス > ゼンマイ式の掛時計【修理実例】

ゼンマイ式の掛時計【修理実例】

ゼンマイ式の掛時計なのですが。他のゼンマイ式掛時計と違う点は、機械の歯車の輪列にあります。

ゼンマイ式の掛時計

といっても、たいして機構の違いはありませんが、普通なら、ゼンマイを巻く歯車と同軸にある歯車が、ひとつカナを介して、別の軸になっている点です。

ゼンマイ式の掛時計

時方、打方、両方とも、そうなっています。
機械をお見せする事が出来なかったのが残念ですが、木製ケースに合った形になっております。

ページのトップへ