ホーム > トピックス > アンジュラシュ提げ時計【修理実例】

アンジュラシュ提げ時計【修理実例】

今回は、アンジュラシュという提げ時計をご紹介します。
修理内容は、風防交換とオーバーホールです。
アンジュラシュ提げ時計
風防とは、前面のプラスチック製の板でして、このタイプは、周りから絞り込んで、小さくしてケースにはめ込みます。
そのとき、絞り過ぎて風防にヒビを入れてしまわないように、工具を使って、慎重にゆっくり最小限の絞りで、はめ込みます。
あと、修理担当者は、オーバーホールの後、歩度調整で日差を最小にするのを苦労した、と言っておりました。
今回は、アンジュラシュという提げ時計をご紹介します。
アンジュラシュ提げ時計

ページのトップへ