ホーム > トピックス > ゼンマイ式の掛時計【修理実例】

ゼンマイ式の掛時計【修理実例】

ゼンマイ式の掛時計
今回は、オーソドックスなゼンマイ式掛時計です。
退却式脱進機のもので、ゼンマイ2つ、向かって右が時方、左が打方です。
左の打方には、だいたい2種類ありまして、これら2種類の式の修理品が、うちにはよく来ます。
機械の歯車の軸受け(ホゾ)が、長年使っていると、長穴状になってしまうので、「穴つめ」といって、先がミカズキ状になっているタガネ棒をトンカチでたたいて、ホゾを円形に近づける作業をします。
ゼンマイ式の掛時計
私は、今まで結構深く、穴の横にミカズキ状の溝を作ってしまっていたのですが、最近になって「穴つめ」は、後で修理する人のために、最低限におさえる事を知りました。
熟練された技術者様のおっしゃることは、勉強になります。

ページのトップへ